パワーレーザーDXプラットフォーム

量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所


関連リンク

世界トップクラスの極短パルス超高強度レーザーです。 30Jのレーザーエネルギーを30 フェムト秒(1フェムトは1000兆分の1)の時間に閉じ込めることにより1000兆ワットの超高強度を実現します。(強力な励起レーザーの光で緑色に光っています。)

J-KAREN-P laser

高繰り返しモード

中心波長 810 nm
パルス幅 30 fs
パルスエネルギー 1 J
パルスレート 1-10 Hz
コントラスト比 10-12

高エネルギーモード

中心波長 810 nm
パルス幅 30〜50 fs
パルスエネルギー 10 J
パルスレート 0.1 Hz
(10 s/shot)
集光強度 1022 W/cm2

J-KAREN-P レーザーエリア

安定な短パルスレーザーのパルス幅を拡張して、OPCPA(光パラメトリック・チャープパルス増幅)とチタンサファイヤ増幅器列により、繰り返し0.1 Hzで高出力チャープパルス光が出力される。

J-KAREN-P 実験エリア

レーザーエリアより送られた高出力チャープパルス光は、実験エリアの真空容器内でパルス圧縮されPW(ペタワット)パルスレーザー光となり、照射チャンバーへ送られる。照射条件の異なる2つの照射チェンバーを切り替えて使うことができる。

共同研究、施設利用研究の課題申請

https://www.qst.go.jp/site/kansai-uf/28803.html

量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所では、保有する研究施設を外部の方が利用できるように、『施設共用制度』を設けています。外部利用者自らの研究開発や産業利用など、目的に合わせて有償でご利用でき、施設利用研究課題を年2回募集しています。(一般産業利用などは随時受け付けています。)